涼匠ペイント

外壁塗装なら船橋市の涼匠ペイント

外壁塗装の計画で失敗しないための事前チェック【船橋市を拠点とする外壁塗装専門店 現地調査・お見積もり・ご相談は無料】

約5分

皆様、お世話になっております。

今回は外壁塗装の計画で失敗しないための事前チェックについてです。

外壁塗装を業者に依頼する際は、最低でも3社との見積もり比較をおすすめします。数社のお見積りをご検討いただき、ご納得いただいた上で塗装業者をお選びいただく方が望ましいです。

それでは、事前にチェックするべき内容を見ていきましょう。

施工期間

当店は30坪の戸建ての場合、外壁塗装には3週間程度の期間をみておくとよいでしょう。しかし、天候や外壁の状態により、下地調整の時間を通常より長くとる場合もあるので、余裕をもって日程を確保していただく必要があります。

施工業者

塗装専門業者、大手ハウスメーカー、リフォーム専門業者それぞれの特徴を過去の記事にて事前にご確認ください。

訪問業者には気を付ける

訪問業者が全て悪いわけではありませんが、悪徳業者が多いのも事実です。特に、下記のような訪問業者には、慎重な対応が求められます。

・大幅な値下げをアピールしてくる

・すぐに契約させるために『お宅の外壁が現在危険な状態だ』と強調してくる

・前払い金の支払いを要求してくる

・オリジナル塗料

上記のように危機感をあおったり、契約や入金を急がせたりすることで、他の業者と比較したり再検討したりする時間を与えないようにしていることが多いです。そして、お客様が焦ってご契約された後、不利な条件で契約してしまったことに気づかされるのです。

外壁塗装は、大きな金額が伴うサービスです。その場でご契約されるのではなく、数社からお見積もりをお取りいただき、一旦冷静になってから塗装業者を決定しましょう。

費用について

補助金、助成金が受けられる場合があります。

地域によっては、外壁塗装の補助金や助成金を受けられる場合があります。外壁塗装は高額な工事になるので、補助が受けられると助かりますよね。

条件や金額は各自治体によって異なるので、施工前に各自治体のホームページなどで確認しましょう。

※現在船橋市では残念なことに、外壁塗装に助成金や補助金を支給する支援・助成制度はありません。

キャンセル料の発生条件

ご相談やお見積もりのみでご契約に至らなかった場合、料金は一切発生することはありません。

ただし、ご契約締結後にお客様のご都合でキャンセルをされる際は、キャンセル料が発生する場合があります。

当店のキャンセル料発生条件に限らず、他の塗装業者のキャンセル条件を必ずご確認いただいた上で、ご契約書にサインされることをおすすめします。

ちなみに、訪問販売で契約をした外壁塗装にはクーリングオフ制度の利用が可能です。不当な理由でキャンセル料を請求されたときは、国民生活センターに相談しましょう。

塗装前のお住まいの外壁を撮影しておく

業者に外壁塗装の依頼をする前に、ご自宅の外壁を撮影しておきましょう。塗料の剥がれや傷など気になる部分をチェックし、塗装工事後の変化を自分の目で確認するためです。

記録として残しておくことで、業者に依頼する際に外壁の状況を説明しやすくなります。

塗装後の完成イメージを用意しておく

外壁塗装をすると決まりましたら、まずは「お住まいをどのようなイメージにしたいか」を、漠然とした形でも構いませんので検討しておきましょう。

完成後のイメージなども全て塗装業者に任せっぱなしにされると、塗装終了時に「こんな想定ではなかった」と後悔することもあります。

ぜひ、住宅雑誌を見たりモデルルームをご見学されたりして、気になるイメージをピックアップしておきましょう。ご自分の好きなものを探すことで、外壁塗装への意欲が上がり、塗装業者も塗装作業を組み立てやすくなります。

せっかく大きな金額を出すので、納得のいく仕上がりにしていきましょう。

ご近所様へのご対応

外壁塗装を行うときは、お住まい全体に足場を組んだり養生シートで覆ったりする必要があるため、かなり大掛かりな工事になります。また、足場を組む音や塗料の匂いなどもするため、近隣への配慮も必要です。

以下に、塗装工事の際に配慮するポイントを説明します。

(可能でございましたら)工事前に塗装業者の車が停められる駐車スペースを確保しておく

材料を積んだ塗装業者の車がスムーズに駐車できるスペースを確保していただけると、塗装業者は塗装工事にスムーズに取り組みやすくなります。

駐車場が遠くにある場合は、荷物の積み下ろしに時間がかかり、作業がなかなか進行しないこともあります。

塗料が飛散しないように、必ず養生をしてもらう

塗料が近隣の住宅に飛散しないように、工事の際は必ず養生してもらいましょう。養生を怠ってお隣のお住まいを汚すと、追加でお隣のお住まいの補修代金がかかるだけでなく、ご近所様とも気まずくなってしまうかもしれません。

近隣に赤ちゃんや療養中の方がいらっしゃる場合は、事前に業者に伝えておく

外壁の塗装工事の際は、足場を組む音や塗料の匂いもするため、近隣に赤ちゃんや療養中の方がいらっしゃる場合は、特に配慮が必要です。

もし配慮するべき方が近隣にいらっしゃる場合は、事前に業者に伝えておきましょう。

見る側に不快感を与える色ではないか

周りの家がシンプルなクリーム系なのに、ご自分のお住まいのみブルーやピンクなど鮮やかな色にされると、街の景観が損なわれてしまう恐れがあります。

経年で劣化が顕著に出てしまう色ではないか

「真っ白」や「真っ黒」などは、一見きれいでスタイリッシュな色に感じるかもしれません。しかし実際は、汚れが非常に目立ちやすく外壁塗装に向きません。

また、濃い原色は徐々に色あせて薄くなるため、古びた印象が強くなります。

詳しい色選びのコツは後日、ご紹介するので楽しみにしてて下さい。

 

是非今回の記事を参考にしてください!

またわからない事や不安な事など、ございましたらお気軽にご相談ください。

ご相談は無料です!

少しでも気になった方はお問い合わせから。

外壁屋根塗装なら、船橋市の涼匠ペイントまでお問い合わせ下さい!CONTACT

047-401-7758  メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE