株式会社涼匠ペイント

外壁塗装なら船橋市の株式会社涼匠ペイント

外壁の素材は多種多様、人気の素材はコレ!塗装の際の注意点は?【船橋市を拠点とする外壁塗装専門店 現地調査・お見積もり・ご相談は無料】

約3分

外壁素材で人気ナンバーワンは窯業系サイディング

外壁の素材には多種多様なものがあります。

その中でも建築される住宅の中でも8割近くのシェアを誇るのが、窯業系サイディングです。

建築時のコストがリーズナブルという点や、メンテナンスが7年~8年ごとでコスパに優れている点が、人気の理由です。

またサイディングの素材には窯業系以外にも、金属系や木質系などがあります。

その中でも窯業系は表面のデザインが多種多様で、タイル風や石積風のデザインもあります。

窯業系サイディングの外壁では、経年劣化に伴って、外壁塗膜が白く粉を吹いたように見えるチョーキングという現象がおきたり、シーリング部分がひび割れるなどのトラブルが起こりやすいものです。

こうしたトラブルは、定期的に点検をする事によって早期発見が可能です。

また早めに対応すれば、外壁の全塗装が必要ではなく、部分的に修理できることもあります。

外壁塗装の周期が長い金属系サイディングも人気

住宅の外壁素材では、窯業系サイディングに次いで金属系サイディングも人気があります。

窯業系と比べるとコストが高いというデメリットがあるものの、外壁の塗り替え頻度などのメンテナンスは窯業系より長く、一度設置すれば10年から15年間はメンテナンスフリーの状態を楽しめます。

金属系サイディングは、市場においては全体の11%以上のシェアがあります。

凍結やひび割れの心配がなく、耐久性に優れているという点から、雨や雪が多い地域の住宅には、ぜひおすすめです。

金属系サイディングでは、定期的に点検をしながら、錆びに対応する作業が必要となります。

外壁塗装に使う塗料は、一般的なアクリル樹脂を始め、シリコン樹脂やフッ素樹脂などが多く使われます。

リーズナブルなモルタルもオススメ

市場のシェアは5%とそれほど多くはありませんが、単価がリーズナブルなモルタル素材も、人気があります。

モルタル素材の外壁は、塗り替え頻度は5年から10年とほかの素材と比較して短いですが、単価が安いという点、そしてデザイン面で自由度が効くという点で、根強い人気があります。

モルタルの外壁は、経年劣化に伴って、チョーキングやひび割れを起こしやすいという特徴があります。

外壁塗装の際には、この下地処理をしっかりすることが、壁を長持ちさせるためには必要不可欠な作業となります。

千葉県船橋市の涼匠ペイントでは、多種多様な外壁の塗装に対応しております。

外壁塗装のことなら、涼匠ペイントまでぜひご相談ください。

外壁屋根塗装なら、船橋市の涼匠ペイントまでお問い合わせ下さい!CONTACT

047-401-7758  メールフォームはこちら
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE