株式会社涼匠ペイント

外壁塗装なら船橋市の株式会社涼匠ペイント

塗料の選び方、何を基準にして選べばよい?【船橋市を拠点とする外壁塗装専門店 現地調査・お見積もり・ご相談は無料】

約3分

外壁塗装の塗料の選び方

外壁塗装に使う塗料には、たくさんの種類があります。

単価がリーズナブルなものもあれば、機能的で耐用年数も長く、単価が割高という塗料もあります。

ハイスペックな塗料になると、全般的にコストは高くなりやすいです。

そのため塗料を選ぶ際には、何を重視して選べばよいのかという点を、外壁塗装の目的に合わせて考えましょう。

外壁塗装に使う塗料を選ぶ際には、さまざまな選び方があります。

予算の中から該当する塗料を選ぶという方法もあれば、塗料に遮熱や断熱、光触媒などの機能を求めたいという人もいるでしょう、

また、気に入った色で塗料選びをしたいという人もいれば、メンテナンスができるだけ不要な塗料を選びたいという人もいます。

外壁塗装の予算

外壁塗装にかかるコストは、外壁の面積によって大きく変わります。

例えば、最もリーズナブルなアクリル塗料を使っても、面積が広ければ、施工費用が100万円近くかかってしまうこともあるでしょう。

一方、塗装面積が小さければ、ハイスペックなフッ素塗料や光触媒塗料などを使っても、コストを30万円以内に収めることも可能です。

外壁塗装における予算を決める際には、まずは外壁の面積を計算しましょう。

そして、各塗料の費用がいくらになるのかを比較するのがおすすめです。

塗料に機能はついていたほうが良い?

塗料の中には、遮熱機能や断熱機能、防水や光触媒などの機能が付いたものがあります。

これらの機能が付いたものは、機能ナシの塗料と比較するとコストは割高となります。

しかし、塗装する場所や環境、方角によっては、機能をつけることによって、長期的なメリットが期待できます。

毎月の光熱費を大幅に節約できたり、メンテナンスの頻度を下げることができる塗料もあります。

例えば、幹線道路に面した場所の外壁は、車の排気ガスやホコリなどで汚れが付きやすいものです。

こうした環境では、汚れが付きにくい光触媒や防汚機能が付いた塗料を使うのがおすすめです。

汚れが付きにくくなり、いつまでも塗りたての状態を維持できます。

また南向きの壁は、紫外線の影響を受けやすいですし、太陽の熱を吸収しやすいでしょう。

遮熱機能や断熱機能が付いた塗料を使えば、夏の室内温度を低く抑えることができ、光熱費の節約につながります。

雨や雪が多い地方や、河川や湖がそばにある場所では、水による影響を受けやすいことが予想されます。

防水機能のある塗料を使うことで、水や湿気によるダメージを最小限に抑えることができます。

外壁塗装の塗料のことなら、涼匠ペイントまでぜひご相談ください。

外壁屋根塗装なら、船橋市の涼匠ペイントまでお問い合わせ下さい!CONTACT

047-401-7758  メールフォームはこちら
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE